29.1.10

さいごのさむらいは外国人…なのか?+私信

最近、ノートの音読をしすぎて喉が痛いです。何故音読するか?そうするとなぜか覚えるからです。喉が枯れてくるのと、場所を選ぶのとが弱点。

それはそうと、初めて「ラスト・サムライ」を観ました。
以下、多分ネタばれはほとんどないと思います。

…感想ぶっちゃけていいですか?いいですね!?
それでは一言!

ファンタジィー!!!と思ってみるべき作品ですね!


高校で日本史専攻だったから特に細部が気になるのかもしれませんが、色々と歴史的に変なところが多くて(シナリオも弱いですがこの際突っ込みません)。

重箱の隅をつつくまでもなく、それはもうごっそりと出てきますが、ファンタジーだと思えば気になりません。和風と言うかアジアンテイストなアクション映画だと自分に言い聞かせながら観れば、多分それなりに面白い。絵が綺麗ですし。

気になったのは、「Bushido」とか「Samurai」(敢えてローマ字)とかを全面的にプッシュしている割には、終始アメリカ人の魂の救済の話だったような気がすること。

主人公はインディアン戦争の際に米軍側で参加してトラウマを負ったアメリカ人。物語では滅びゆく「Samurai」が同じようにして滅んでしまった「Indian」(Native American)と重ねられていて、そのアメリカ人が今度は「Samurai」側に参加して戦うことで自らの魂の安らぎを見つける。
多分、そういう話なんじゃないかと感じました。

で、そういうメッセージ性とは別に、監督か誰かの「俺はNinjaが撮りたいんやあ!!」「Zenはクール!」「トム・クルーズに鎧を着せてみてぇ!」とかの叫びが聞こえてくるような気がしました(笑。

 個人的には、空気読めないイギリス人研究者(?)に笑いました(笑。

以上、テスト一日前の逃避でした。

追記:私信

見て下さってるか分からないですが…水軍博物館の件で。
実は数日前に個人的にビッグなハプニングがありまして、春休みはそれへの対応に追われて終わりそうなんです(涙。詳しいことは金曜くらいにメールで…。
あ、ハプニングと言ってもマイナス要素は含みません、ご安心を。ただ、それのせいで色々とやることが増えてしまいました。

1 件のコメント:

akane さんのコメント...

そうですかー>私信
私は多分、また何度でもあの辺りに足を運ぶ機会があると思いますので、ぜひそのときにでも!
春はどうぞそちらの方のご用事に専念なさってください。何かよい知らせの予感でしょうか? 陰ながら応援しております。